2006年10月23日

中二少年自殺のアレ

「先生もからかっていたから」同級生が遺族に告白し謝罪
ああ、大人になって子供の心を忘れるのって恐ろしいことだな、と思いますねぇ、この記事読むと。
遺族によると、焼香などに訪れた複数の同級生の男子が「自分の発言で死んでしまったのではないか」と、気に病んでいる様子で遺族に告白し、謝罪した。その上で、同級生らは、1年生の時の担任教諭の生徒に対する言動を見て、「自分たちもしていいと思った」と話した。泣きながら話し、疲れた様子で「眠れない」「気力がない」と訴えた生徒もいたという
子供のころ、思い出してください。しおらしく泣いて謝ってみせれば、『寛大な心で』許す大人がいましたね。そういう大人をどう思っていたでしょうか。
私は、「こいつはちょろいな」と思っていました。『優しい』先生や『優しい』大人は「ちょろい大人」だったんですよ。
泣いてみせたり、やつれてみせたり、そういうのって「ちょろい大人」が思うより簡単なんですよ。子供なんて悪知恵にしか頭を働かせないものなんですよ。
たとえば、謝罪して泣いてみせたり。疲れた様子をみせてみたり。「大人がやってるからやっていいんだと思った」と頭の悪い子供を装ってみたり。
逆に、こういう小細工にだまされない「ちょろくない大人」は一目置いていましたね。
ああ、最近ちょろい大人が多いなぁ。この少年の両親とか。

同級生の告白について遺族側は「すごく勇気のいることだったと思う。正直に言ってくれたので私たちは彼らに(責めるようなことも)何も言わなかった。子どもたちが一歩ずつ前進しようとしていると感じた」と話している。
大変失礼な発言かとは思いますが、両親がこんな「ちょろい大人」だから、息子の異変にも気づけなかったんだろうなと思います。
自殺するまでなんにも気づけない、何の対処もできない、そんな親に他人を責める資格はないとも思いますが、こういう発言を見るとその偽善くささに吐き気がします。要するに、いじめた側を寛大な心で許すことで、息子を救うことができなかった自分の罪悪感を帳消しにしたいだけに見えます。
うがちすぎですかね? でもそう見えるわ。
私は「ちょろくない大人」になりたいです。

私は自殺推奨ではないですが、否定もしません。弱さだろうがなんだろうが、生き続ける意味がどうしても出せないことはある。死ぬ勇気があるなら生きられるはず、なんて言えるのは、死を見つめたことがない奴だけなんですよ。
死ぬときに勇気なんて必要ないんです。生に引き留めるものがあるかどうか、それだけです。
私は土壇場で未練があって、どうしても踏み切れませんでした。あのときひとつの要素が私の中から欠けていたなら、いまここにはいなかったでしょう。
彼には、私にあったものが、もうなかったんでしょう。思えば不憫ですが、私にはそのまま生きろとは、どうしても言えません。
馬鹿だと、弱い人間だと罵られても、そんなものは死にゆく人間には痛くも痒くもありません。今の痛み、苦しみから逃れられるなら、なんだっていいんです。
自殺者の葬儀の模様を見ると、「苦しかったら打ち明けてくれればよかったのに」と恥ずかしげもなく口にしている人を見ることがあります。親であったり子であったり友人であったり、様々ですが、そういうのを見るたびに、この人は恥ずかしくないんだろうかと思います。
嘆くなら、『打ち明けてもらえない存在であったこと』を嘆くべきなのに。
その人にとって、生に引き留めるほどの重しではなかったのに、気づきもしないで愚かさを嘆くなんて、いかに薄っぺらい人間なのかと。
私の重しは、両親でも友人でもありませんでした。特別優しくもない、特別妹思いなわけでもない、ごくふつうの兄でした。
「お兄ちゃん、泣くかなぁ」と思ったら、ふと怖くなった。それだけです。たったそれだけなのに、死ねなかった。母を思っても、父を思っても、そんなことはなかったというのに。理由はわかりません。ただ、ブラコンなだけかもしれませんが。
ただ、世界中でただ一人、腹から信用してるのは、兄だけなことは確かです。兄はそんなことはなにひとつ知りませんが。おそらく、私が死を思ったことも。

ああ、なんか自分語りがすぎました。

とりあえず、関係者全員にこの言葉を捧げます。
ごめんですんだら、警察はいらないんだよ。
posted by NORIKO at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25994510
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。