2005年06月27日

人様の尻馬に乗って独立記念館とやらのアレ

今だからこそ・・・ 韓国斬り !!さんで韓国独立記念館シリーズがエントリーされていますねー。しかし、[必見] 突撃リポート 独立記念館No.2・・・ 斬り!!を見た私のツッコミどころはとりあえずアレだ。
続きを読む


posted by NORIKO at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | あの国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こないだ「韓国国民はいつまでノムたんを許しておくつもりなんかな」と書いたんですが

一年くらい前のノムたん弾劾棄却の記事をみつけまして、「司法がコレではそら無理や」と思い直しました。
ごめんね韓国の人たち。あなたたちの国のこと、私ちゃんと理解してなかった……そもそも韓国人がこれでいいなら、日本人がどうこう言う問題でもない罠。がんがれ韓国、超がんがれ。このままじゃ北朝鮮と共倒れすらできないかもしれないぞ!
posted by NORIKO at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | あの国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

シナ人が胎児を食べる、とかで少し前騷がれましたが

そりゃ赤ん坊くらい食べると思うね、シナ人なら。だってあの国、普通に人肉喰ってたじゃんw
水滸伝は成立当初から庶民に大変人気のあった文学ですが(というか、もともと庶民向けの講談だしね)、宋江様は普通に仇の肉うまそうに喰ってるよw
水滸伝に限らず、中国文学に人肉を喰う描写は少し探せばいくらでも出てきます。ということは、人肉食っていうのは少なくとも庶民の間ではメジャーだったんでしょうな。だって、そんな頻繁に出てくるっていうのがそもそもおかしいもんw いまさら「あれは人肉食へのアンチテーゼだったアル」とか言われても無理ですってば。そもそも、斉だったかの王が「人肉だけは喰ったことないんだよね」って言ったら自分の息子を料理して出したっつう料理人(易牙だっけ?)もいたじゃんw
いまさらシナ人のモラル云々っつっても、この食文化で四千年だからねぇw 無駄でしょうよー

……だからって、国際社会で受け入れられない残虐なものだとわかったからって日本人にその罪をなすりつけられても困るんですよねぇ。
そもそも日本人、『文明開化』までは(多少の例外はあるとして)ほとんど肉喰ってなかったっつーのw
それともあれですか? 芥川の「食人批評」あたりを読んで「オマエらも喰ってるじゃねぇか!」とかホルホル(あ、コレじゃ朝鮮人じゃんw)しましたか? いやぁ、昭和のあのあたりの文学はえぐいですからねぇ、はやりましたからね、カニバもの。でも、誰も本当に喰ってないんですよ? だって、こういう話のジャンルは「猟奇文学」なんですもん。食人が日本でメジャーなら、「猟奇」にならないでしょ?
ちなみに、この時代のカニバもので一番有名なのは、夢野久作の「人間腸詰」かな? ま、どんな話かはぐぐって青空文庫とかで読んでみてください。
ただ、この時代の文学に免疫がない人は、気分悪くなるかもw 例によってシナ人が絡んでる話だから、この時代にも「シナ人は人肉食べる」って思われてたみたいだねw

しかし、「殺生」はまだしも、「なまぐさ」っていう言い方が日本ぽいなぁw
ツミケガレの意識っぽい響きだよね、「なまぐさ」。うん、確かに生き物殺した後は生臭い。
posted by NORIKO at 19:35| Comment(0) | TrackBack(1) | あの国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

ノムたんも大変ねー

日韓首脳会談は相変わらずだったようで。期待通り、とはいかなかったけど。何を期待してたって、そりゃ当然ノムたんの火病ですよw
ノムたん、私、君のこと過大評価してたみたい……ブッシュたんに「コイジュミはこんなに酷いニダ!」って告げ口したら「それは純一郎に言えよ」って言われたから、てっきり「ブッシュ様がコイジュミを歴史問題で追求してもいいって言ってくれたニダ! ブッシュ様もウリの味方ニダ! ホルホルホル」ぐらい言ってくれると思ってたのに……! ばかばか! ノムたんのチキン!

続きを読む
posted by NORIKO at 20:53| Comment(0) | TrackBack(2) | あの国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

何日か前の記事で恐縮ですが

今だからこそ・・・韓国斬り!! さんの日本人は知る必要がある・・・斬り!!の周界さんという方のコメントで、「日本人は、その本質・本性が、韓国を侵略し続ける悪性の存在だと教えているらしい」と書かれていて、あー、ほんとうに韓国というのは非常に統治しやすい社会なのだなぁ、と感心しました。
統治者にとってまずい方向に民意が向いたとき、確実に矛先を逸らせるところがあるというのは私が言うまでもなくとても重要なことですし、基本的に世の東西を問わず民衆というものは感情的なものなので(有史以来理性的な民衆がいたというなら知りたい)つつけば燃え上がる熾き火を作っておく、というのは極めて有効ですよねぇ。ただ、韓国はそれをうまく使える統治者が出てこないってところが不幸なところですけど。(今の韓国の国会を見てると、あと100年は無理だと思いますが)
個人的に楽しみなのは、ノムたん政権がいつまで続くのか、ですかね。韓国人はいつまでノムたんを許しておくのか? 大変興味があります。韓国にはまともな人もいる、とのことですが、あれを許している限りでは「いる」にカウントできないのが正直なところですねぇ。革命を起こす能力があっても、実際に行動をおこさなければ革命家はいないのと同じことで。

---------------------------------------------------------------------------------

そういえば、今まさにTVタックル見てるんですが、今日はなかなかGJ発言が多いなぁ。
河野さんのアレな過去とか暴露されたし、今日はちょっと本気で見てみようっと。
私のアホな頭ではたぶん気の効いたことは言えないので、他人様の尻馬に乗ろうと思いますw
posted by NORIKO at 21:16| Comment(0) | TrackBack(1) | あの国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拾い物

日参ブログを巡回してて拾ったこれなんだけど→韓国の歴史授業

まぁ、これに関して九州小さっ! とか鬱陵島は竹島より小さいことにされてかわいそうやとかつっこむところはいろいろあるんだけど、それはほかのブログで見てもらうとして……
 四 国 が な い じ ゃ ん ! w
私どこに住んでることになってんのよw
というか、これとかこれで描かれてる絵にも四国がないから、よもや韓国から四国は見えないのか? おまえら高松空港から瀬戸大橋通って本州に行ってるくせに!(高松←→ソウル便はお安いので行き来によく使われるのです。ぶっちゃけ高松←→ソウル便なんてどうでもいいから台北あたりと繋いで欲しい……台湾行きたい)飯依比古は大八島より先にうまれたんだぞ!

あの国とは関係ないんですが、伊予之二名島(四国)は愛比売、飯依比古、大宜都比売、建依別の四柱の神となってますが、比売・比古対応からすると愛媛・香川、徳島・高知がつがいってことになるんでしょうかね? それとも意味から考えて香川・徳島(食物に関係)、高知・愛媛(どちらも立派な、という意味)が対応するんでしょうかね?
そういえば香川・徳島は比較的農地となる平野部が多く、愛媛・高知は山間部が多くて険しいイメージがあるので、後者かもしれませんな。
posted by NORIKO at 19:32| Comment(0) | TrackBack(1) | あの国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

旅行に行くなら「中韓はやめとけ」

こんなブログをやっていながら、政治や難しいことは頭が悪くて書けない私なので、身近なネタであの国についての話。

続きを読む
posted by NORIKO at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | あの国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

まさか、ねぇ……

あの国の人たちの主張を見ていて、ときどき「あれ、もしかして……?」と思うことがあるんだけれども。
あの国の人たちいわく、

・ウリナラの歴史は半万年
・その昔は大帝国を築いていた
・古代から文化の中心であり、伝統を重んじ、独自のすばらしい文化をつくりあげた
・周辺に強国が林立しても独立を守り通した

と、おおむねこういった風なんだけれども……
もしかして、あの人たちは ロ ー マ と 自 分 た ち を 重 ね 合 わ せ て い る のかしら?
いや、「立地条件もろもろが重なったとはいえ、同じ半島のイタリアとはえらい違いだな〜」と思ったのがこういう考えに至った発端なんですが、もしかして当たらずとも遠からず? と思うようになってきた。

イタリアは大好きな国なんで、「謝れ! イタリアに謝れ!!」と心から言いたいんですが……!orz
……まぁ、イタリアにも帝政ローマ時代の遺物なんて、あまり残ってはいないんだけど。ほぼ完璧に保存されているのなんて、ローマのパンテオンくらいのものじゃなかったかな? なにしろ、キリスト教の総本山だったし。そのかわり、キリスト教時代以降のものはものすごくたくさん残っています。というか、破壊のされようがないから(笑)

というわけで、「まっさかぁ〜」と思いつつ、否定できない自分が悲しいorz
まさか、ねぇ。いくらあの国が斜め上ったって、そんな〜。……ねぇ。
posted by NORIKO at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | あの国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。