2006年10月11日

民衆に罪はないのか?

今日も朝ズバを見てたら、在日インタビューがあって、ひとりのおばちゃんがこう言いました。

「北朝鮮の国民に罪はないんだから」

日本人は先の戦争においてもそう言っていました。民衆に罪はない。悪かったのは政府であり、軍であり……
こういうときに、いつも思うんですよ。
本当に民衆に罪はないのか?
私が思うところでは、否、です。民衆には罪がある。
むしろ、最大の罪は民衆にある。
こと近代国家を語る限りにおいては、これは揺らがないと考えます。

たとえば大正-昭和の大日本帝国政府。これはいったい、どのようにして選ばれたでしょうか?
選挙です。国民投票です。開戦に至り敗戦の屈辱を嘗める政府を作り上げたのは民衆なのです。ドイツも然り、イタリアも然り。なので、私は「政府が悪かった」と言い出す人間は信用しません。そういう人間は日本人であろうと外国人であろうと、自分で責任を取れない人間だから。
さて、これが独裁国家……たとえば北朝鮮であればどうでしょう。独裁国家に洗脳されているから、弾圧されて抵抗できないから、民衆に罪はない……本当にそうでしょうか?

では、金日成を歓呼して迎え入れたのは誰だったでしょうか?

愚民であった、といわれればそれまでです。しかし、60年、愚民であり続けたことに罪はないのでしょうか。革命すら起こせなかった、それは罪ではないのでしょうか。
先の大戦において、日本軍が「解放」(あえてこの言葉を使います)した東南アジア諸国の人々は、こう言うそうです。「自分たちで祖国を解放したかった」と。彼らはいまも、この「罪」に向き合っています。
無知は罪といわれます。そして、知りながら口をつぐむのは、より罪であります。愚者であり続けた罪は、愚者自らが償わねばならないのではないでしょうか。
なぜならば、その罪を、今私たち日本人は償っているからです。

私の友達が言いました。「戦争になったら、安全な国に逃げるよ」と。
まぁ、それはひとつの選択肢ではあると思います。実際そうなれば、きっと私も逃げてしまうのでしょう。でも、なんと愚かな行為か、とも思います。世界の難民キャンプの報道を見るたびに、思います。
逃げて、帰ってきて、私はどう思うでしょう。この国は、私を受け入れてくれるでしょうか。いちどは捨てた私を、受け入れてくれるでしょうか。

前にも言ったかしら。世界は、そろそろ直視すべきです。
すべての罪は、愚民にあるのだということを。そこから始めないと、何もはじまらない。
権力も、独裁も、戦争も、すべて民衆が作り出したものなのです。英雄を待つのも、英雄を作り上げるのも、英雄を捨てるのも、みな、民衆です。自分たちが作り上げた英雄の犠牲者は自分たちだったなんて、どれだけ滑稽なことか。

ひとりの英雄を否定し、民衆がすべてに責任を持ち、すべてに権利を有する。民主政治というものは、そういうものではないですか。
民衆に罪はない。すべては虚像の英雄の責任だ。そう言っている間には、きっと戦争はなくならないでしょう。そして歴史は繰り返すのでしょう。
posted by NORIKO at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

しかしうちにトラバもらっていいんですかね?(笑)

こないだのエントリに素敵なトラバもらっちゃったので紹介です。

安倍バナー決定版、「美しい国」逆から読んだら「憎いし、苦痛」ニャロ〜。(笑)


ちょwwwwwまじで使ってる人いるんだwwwwwwwwwww
このバナーのグダグダ感がまたたまらんので思わず紹介。……これはやっぱ保存しとくべきかな。たぶん大丈夫だとは思うけど、これ、消えたら国家的損失な予感がする。
いろいろ突っ込みどころが多すぎでアレですが、また「ニャロ〜」がたまらん! これはちょっと私みたいなヲタには真似のできないセンスです。……なぁ、一般人の視点でこれはやばくないのか。そうか、私がヲタだからか。

まぁ、私は「憎いし苦痛」発言を叩いてるわけじゃないですが、真面目に使ってる人からゲラゲラ笑ってるこんな掃き溜めにトラバもらっちゃって大変恐縮です。でも大変おもろいからネタにさせてもらいますwww

一生に一度は「このネトウヨが!」って罵られてみたいNORIKOです。
posted by NORIKO at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

いつも出遅れですがww

今日は「痛いニュース」さんから拾ってきたものでいくつか。
他人のふんどしで相撲とりまくりですwwww

【中日新聞】「美しい国」を逆から読むと「憎いし、苦痛」 光と影をはらんだように聞こえる国づくり
3cd43fd4.jpg「中日新聞」・平成18年10月4日・夕刊
「美しい国考」より

憎いし、苦痛。安倍晋三首相が訴える「美しい国」を逆さまに読むと、こうなる。
東京都内の病院で働く女性(四〇)は、同じ母子家庭の友人に言われてハッとした。
美しいと苦痛という“光と影をはらんだように聞こえる国づくり。
「自分たちは切り捨てられるのか」と、怖くなってきた。
あまりにもアレすぎたので思わず保存。
その程度じゃ笑いの文化人講座には載せれんな。


【書評】韓国の美味しい町 食文化、日本は韓国にぜったい負けてる
(前略)日本と韓国。同じアジア人、顔も似たようなもんなのに、こっちがたくわんでお茶漬けだとすると、あっちは「豚骨や牛肉でとったスープをかけたごはんにアミの塩辛、コチュジャン(唐辛子味噌)」とかである。それも、別に金持ちの道楽食じゃなくて、戦争で引き揚げてきた人たちの貧しい食事がそれだった、っていうんですから。
ぶっちゃけ、たくわんとお茶漬けの奥深さに気づかない奴に偉そうに言われたくないんですがwwww
とりあえずひとつだけ突っ込みたい。
平壌の冷麺が旨そうである。これが日本ならコンブのダシで盛りソバとかにして食うんだろうところを、牛のスープに水キムチの汁ですよ。
食ったことない奴だけが言える台詞ですが、牛のスープに水キムチの汁という朝鮮式冷麺は、まじでまずい。つーか、本気で味しないんだ。強いて味、というなら、キムチ汁の味。それだけ。
日本の感覚で「スープ」といえばラーメンのスープのような濃厚なのを思い出すんだろうが(もしくはコンソメの素で作ったスープみたいなもんだろうと思ってるんじゃないかと)、あれ、ガラスープのほかにも調味料入ってますから。本格朝鮮冷麺は、まじでガラスープオンリーですから。
日本の韓国料理店は、ぶっちゃけ日本人の味覚に合わせて味付けをしてるんですよ。韓国で「おいしい」店は、日本式にいろいろ調味料をいれてるから、おいしい。これ、前に行った韓国料理店の在日大将(希少種)に聞いた話です。

……ダシと醤油の芸術品を擁する香川県民からしてみれば、このおばはんは本当にうまいものを食ったことがないとみた。かわいそうに。
posted by NORIKO at 10:39| Comment(0) | TrackBack(2) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

遅くなりましたが親王殿下ご誕生まことにお目出度う存じます

何はなくとも、まずはお慶び申し上げます。
ばたばたしてて時期を逸しましたが、まぁいい。めでたいもんはめでたい。
ちなみに、パパ上と「ここまでマスコミがさわがんということは男子ちゃうんか」と話しておったわけですが、いまさらですなww まぁいい。

どうせ断絶の夢を捨てきれないフェミなひとたちやいろんな団体は「愛子様や雅子様がおかわいそう」論調でいくんでしょうが、ぶっちゃけどっちがおかわいそうかきちんと考えた方がよろしかろうに。……何はなくとも、女ならわかりそうなもんだけどなぁ……毒女の身につまされる話で悪いですが、縁談が持ち上がるたびに破談つーのは辛いよ。うちらみたいな庶民の毒女は「そりゃおまえが悪い」ですみますが、ああいうやんごとないご家庭の方は「お家柄」で断られることも多いからねぇ……この辺の私の考えみたいなのはそういえば書いてなかった女系天皇云々についてを参照よろ。

……まぁ、あれだ。話の流れでパパ上と「どうせもめるんだから親王殿下と愛子内親王殿下でご結婚されれば万事解決なんじゃね?」と冗談半分(本気半分)で言ってたわけですよ。その場のノリに流されやすい我が家では、この流れにすっかり流されてしまった兄嫁も含めてたいそう湧きました。(この日ちょうど兄夫婦が夕飯食べにきてたんですよ。ちなみに兄嫁は現在妊娠中なので、親王殿下と同い年になる予定。結婚式は愛子様がご誕生されたまさにその日だったので、私ともどもw(幼いころは「紀宮様に激似」と小学校の職員室で話題騒然でした。ちなみに、今もかなり似てますw)つくづく皇室に一方的な縁のある家庭です)
やんごとない血筋の方がいとこ同士で許嫁、なんて小説みたいでよくない?
まぁ、今から言う話でもないし勝手にロマン感じてるだけなんで、ちょっとワクテカしながらご成長を楽しみにしたいと思います。
posted by NORIKO at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

昭和天皇メモまとめ関連

天皇A級戦犯発言報道に関する簡易まとめサイト

楽韓Web - 日経新聞 富田メモにまつわる疑惑まとめサイト

Let's Blow! 毒吐き@てっく


その他探索中。そのうちメニューの方にまとめてリンクします。
どうやらやはり、陛下のお言葉としての真偽はますます不透明な感じ?
(そもそも朝日が早々に撤退したあたりがガセの証拠といえば最たるものかもしれんw)
ともかく、今回の事件には個人的に大変憤っているので、ねらーがんがれ。超がんがれ。
しかしこういうときにいつも思うんだけど、ねらーの情報収集力ってすげーよなぁ……
posted by NORIKO at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

昭和天皇メモのアレ

昭和天皇「私はあれ以来参拝していない」 A級戦犯合祀
(前略)
 メモは88年4月28日付。それによると、昭和天皇の発言として「私は 或(あ)る時に、A級(戦犯)が合祀され その上 松岡、白取(原文のまま)までもが 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが」と記されている。

 これらの個人名は、日独伊三国同盟を推進し、A級戦犯として合祀された松岡洋右元外相、白鳥敏夫元駐伊大使、66年に旧厚生省からA級戦犯の祭神名票を受け取ったが合祀していなかった筑波藤麿・靖国神社宮司を指しているとみられる。

 メモではさらに、「松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々(やすやす)と 松平は平和に強い考(え)があったと思うのに 親の心子知らずと思っている」と続けられている。終戦直後当時の松平慶民・宮内大臣と、合祀に踏み切った、その長男の松平永芳・靖国神社宮司について触れられたとみられる。

 昭和天皇は続けて「だから私(は)あれ以来参拝していない それが私の心だ」と述べた、と記されている。

 昭和天皇は戦後8回参拝したが、75年11月の参拝が最後で、78年のA級戦犯合祀以降は一度も参拝しなかった。

 靖国神社の広報課は20日、報道された内容について「コメントは差し控えたい」とだけ話した。
陛下のお考えがいかようなものだったか、私にはわかりません。本当にこうお考えだったのかもしれません。
でもなぁ、ここ一年半ほどあの国ヲチャーをしてきた私のセンサーが反応するんですよ。
あのメモ、糊で貼ってるんですよね? 宮内庁で使用している糊は庶民の使う糊とは違うのかもしれませんが、水糊ならたいていふやけた痕と糊の滲みが紙の表面に出てきて、多少黄ばむものです。スティック糊の場合は滲みはありませんが、多少波打ちます。波打たないほど薄く伸ばして貼り付けた場合は、数年で剥がれてきます。日記等に貼り付ける場合と違い、手帳などに貼り付ける場合、たいていは糊が乾くまで待つことはないので、波打ちは避けられないと思うのですが……
そしてインクの色。青インクというのは褪色しやすい色でして、とくにメモを糊張りした場合、どうしてもぴったり空気を遮断することはできないので、20年の経年であれほどきれいに残るのかどうか……? たいていならインクの溜まりが薄い部分が褪色していると思うのですが。
まぁそれはきっともっと詳しい人が検証してるだろうから私はいい。

最も気になるのは、「あのメモの書き方と解釈の仕方」です。
否定的に取ろうと思えばいくらでも取れるあのメモですが、注意深く読めば「結局どちらにも断定的な書き方はしていない」のです。
たとえば「松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々(やすやす)と 松平は平和に強い考(え)があったと思うのに 親の心子知らずと思っている」このくだり、松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々(やすやす)と理解できるなのか、松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々(やすやす)と理解できないなのか、肝心の結論が書かれていません。
その他のメモも断片的なお言葉を抜き出した形で、これのみで「要約」とするのは難しいのではないかとおもいます。沢山のメモが残っているようですし、たった一枚のこのメモのみではなく、この前後で陛下はどう仰ったのかをきちんと知りたい。
そうでなければ、もし万が一、陛下のお考えと正反対の結論が誘導されてしまっても、メモを取った元宮内庁長官も陛下も「それは違う」と主張なさることすらできないのですから。
「陛下のお言葉」として出される限り、恣意的な歪曲および曲解がなされてはなりません。安易な決めつけによってお心を捏造することがあってはならないのです。
posted by NORIKO at 23:43| Comment(4) | TrackBack(0) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

古い話ですが、大田総理のアレ

あの番組って「出演者頭の悪さ」を笑うためにあるんでしょ?
サヨ的な考えって基本的に「過激」だから(日本はサヨに毒されすぎてるから麻痺しちゃってるけど、左翼的な発言は過激なんだよ。だって右翼=保守で左翼=革新なんだもん。革新的な発言はえてして過激な物です)、聞いてるほうも言ってるほうもなんとなく「すごいこと言ってる」気分になるもの。
んで、芸能人って基本的に「すごいことしたい」人たちだから、左翼に流れる、と。これ、芸能人にかぎりませんけどね。だいたい「すごいことしたい」人たちって思想的に左よりでしょ? 左翼っていうのは(特に日本では)「体制に刃向かう」「大に立ち向かう小」っていう考えなので、英雄的思考なのです。……ああ、だから自分が体制になってしまうとダメなのか。なるほどね。閑話休題。
そんなわけで、あの番組は「すごいこと言いたいから政府に刃向かってみる、だから左寄りな発言をする」奴らが揃ってるので、支離滅裂なサヨかぶれな発言になってしまうんですねぇ。ずっと見てる人はなんとなくわかるかもしれないんだけど(そんなこと言ってる私も毎回見てるわけじゃないんだけど)明確な思想や理念にもとづいて発言してるわけじゃないから、「あれ? 前に言ってたこととそれじゃ結果違わない?」ってことに時々なってる。大田なんて毎回いきあたりばったりで政策批判やってるから、それが結果的に何になるかぜんぜんわかってなくて、「それ全部実行したら外交も内政もメタメタですよ」な状況になってます。

最近私思うんですが、中学校あたりで「戦史」の授業を週一くらいでやったらどうなんだろう。
日本だけじゃなく、世界のね。それこそ古代ローマから近代まで。まずは戦記ものから分析してみる。
なんで戦争がなくならないのか、国家間で利害が衝突する一番の要因は何か、それを回避するための方策は何があるか……っていうのをきちんと考えないで、単に「戦争反対」って言ってるばかりじゃ世界は変わらないんだよね。
左翼的には民衆は愚民でないといけないから(だって左翼思考って基本的に一部のエリートが愚民を管理するっていう構造なんだもん。大きく言えばキリスト教の構図と一緒だよ、「神の前ではすべての人間は平等である」……ね、一緒です。だから私は「左翼」は宗教である、という考え)たぶん猛反対されるだろうけどねー。「戦争のやり方を学校で教えるなんて!! 軍靴の音が聞こえます!!!!!!」とかってね。
違うんだけどなぁ。戦争のやり方を知らなければ戦争のやめ方も回避の仕方もわからないだけなんだけどなぁ。
posted by NORIKO at 15:09| Comment(6) | TrackBack(0) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

そういえば書いてなかった女系天皇云々について

女系天皇について、端的に言えば私は反対派です。理由は中華的生活「多少銭?」さんやぼやきくっくりさんが仰ってる内容と全面的にかぶるので、その辺はわかりやすくまとめていらっしゃるお二方におまかせするとして。

続きを読む
posted by NORIKO at 19:33| Comment(0) | TrackBack(1) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

おひさしぶりでございますw

いやー、ひさびさにいろいろ回ってみたらいろんなことがおきてるなぁ。
無防備地域宣言とかいうアホなアレもうちの地域が入ってなくてほんとよかった。入っちゃってた人ご愁傷様です。
これについてはちょっとだけ。
戦闘が始まった場合、無防備地域はまず最初に占領と搾取の対象になります。これは間違いないです。戦線っていうのは面で拡大していくわけで、敵の領地から奪いやすそうなところを占領し、敵の要地を孤立させ、しかるのちに要地を奪取、という手順を踏むのが常道なわけですよ。無防備地域には人が住んでいる=物資があるわけで、敵の物資を絶つ目的から略奪し街を焼き払う=敵が物資を手に入れられないようにする、という戦い方は中国では2000年以上前から使われてきた戦略なわけで、まぁようするに「これで俺たち安全!」なんていう考え方は無駄なわけだ。
日本人は日本の戦い方が染みついてるから(なんせ日本は国土が狭いからな)占領地は慰撫して人民を帰属させるのが戦争では普通とか考えてる人が多いんですよ。そんな甘い考えを持ってる方にぜひ三国志演義をおすすめします。吉川英治はいかんぞ。吉川は日本人受けするように書いてるからえげつなさ4割減だからな。
演義読むと「中国人はほんとやること徹底してるよな」と思いますよ。
posted by NORIKO at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

今日のなんじゃそら

無視されっ放し大仁田氏、杉村氏を一喝
 自民党の大仁田厚参院議員(47)は7日、都内で再び会見し、杉村太蔵氏の行動を「甘い!」と一喝した。この日、杉村氏が武部幹事長を訪ね「演説できない」と話したと聞き「演説から逃げるなんて自民党は笑われますよ。ビラ配りだけならウグイス嬢でもできる」と話した。3日に送った激励文の返事もなく大仁田氏を無視し続けていることには「時の人ってのは総理や幹事長より偉いんですか? まあ、党の執行部が『答えなくていい』と言ってるんでしょうけど」と不快感を隠さなかった。
おーい。お前が言えた義理かい。

オゾン出演「Mステ」に抗議20件
 モルドバ共和国出身の3人組「O―ZONE(オゾン)」が7日、テレ朝系「ミュージックステーション」に生出演した。オゾンが歌う「恋のマイアヒ」のキャラクター映像から派生した「のまネコ」を巡った騒動の中での出演となったが、3人は騒動には触れず「恋のマイアヒ」を歌唱。番組ではルーマニア語の歌詞に日本語の“空耳”を付けて放送し、局には「空耳の歌詞をつけるのは『のまネコ』を出すのと一緒だ」という抗議電話が二十数件寄せられたという。

 また、6日にはエイベックスの松浦勝人社長(41)が、インターネット掲示板「2ちゃんねる」に対する謝罪コメントを発表。松浦社長は当初「謝罪」のくだりがない状態で会員制のブログ上にコメントを発表したが、最終的に「謝罪します」という一文を加えた文章に差し替えた形で発表した。なお同掲示板上では「個人の謝罪で会社として謝っていない」などの声も上がっている。
空耳の歌詞をつけるのは『のまネコ』を出すのと一緒だとかいう主張も微妙ですが、ルーマニア語の歌詞に日本語の“空耳”を付けて放送っつーのも何なんだ。せっかくいい歌詞なんだから、どうせ日本語歌詞ならきちんと和訳したやつつければいいのに。空耳じゃないマイアヒはここから。(現在JASRACからの許諾待ちで公開中止中。和訳歌詞は見れます)
posted by NORIKO at 14:06| Comment(0) | TrackBack(2) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

一夜明けて大騒動

いやー、多いですね。「日本国民はバカ」論調。みんな同じこと書いてんの。
独裁国家。小泉独裁政権。国民いじめの大増税開始。小選挙区の弊害云々。メディアに踊らされる愚民。憲法改悪。揃国主義化。徴兵制開始。戦争開始。
で、結びは絶対これ。
自民に投票した奴が責任取れ。
もうね、ア(ry おまえらな、ちゃんと自分の頭でもの考えてんのかと。メディアに踊らされてんのはおまえらちゃうんかと。そうじゃなきゃ、みんな判で押したように同じようなこと書けないでしょ。
続きを読む
posted by NORIKO at 16:57| Comment(7) | TrackBack(7) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

ちょwwwおまwwwwww久米宏必死すぎwwwwwwwww

今選挙速報見てるわけですが、あまりにも久米宏が必死すぎてTBSから目が離せんわいwww綿貫タンと武部タンが同時に中継で繋がったときはあんまりおもしろすぎてニヤニヤしながらヲチしてますたよwww必死で自民党攻撃してるのに武部タンに苦笑でかわされて超悔しそうだったよ。綿貫タンはものすごく迷惑そうだったしTBSおもしろすぎwwwFE蒼炎の続きやりたいのにまた何かおもしろいこと言ってくれそうでチャンネル変えられないよ……!

しかし、自民批判しか能のない奴らはみんな口を揃えて「一党がこんなに力を持つのはどうか」とか言ってるんですが、要するに国民がどこにボールを投げるか、というのを読み間違えたのが悔しくて言ってるのがみえみえでもうちょっと目新しいこと言ってくれよと思いますよ。仕方ないよ民主あれじゃあww最近の国民はねぇ、新聞やテレビが隠したいところもきちんと見られるようになってるんですよ。IT社会に立ち後れた人たちがこういうこと言ってるんだよねー。
なんにせよ、今回の自民圧勝はまさに「他に選ぶところがない」の典型だと思うので、野党はもうちょっと考えて政治しようや。政権批判すりゃ安定っていう時代は終わったんだよ。野党は軒並み議席を減らす読みなわけで、いいかげん「国民は政治家が思ってるほどアホじゃない」っていうのを自覚すべきだな。政治に関心があればあるほど自民票が増えるっていうのは何故かってちょっと考えればわかると思うんだけどなー。
なんにせよ、日本の眠たい政治ははやいとこ変わって欲しいですな。純タンにはそのへんを期待してるわけですよ、私は。私は純タンはぶっちゃけ嫌いですが、政治を変えつつあることは評価できるよ。

-----------------追記-------------------

やー、いろいろ見てたらすごいね野党組w罵倒の嵐でやんのw
自民圧勝で軍国主義一直線! アメリカ制圧完了! 戦争開始! 郵政しか見えてない自民支持者は愚民! ってアホかw
煽られた愚民は確かに多いだろうけど、それにしてもこの圧勝は明らかにマニフェストの「無難さ」だろうと思うね。民主のマニフェストがアレなのはもう今更言うまでもないし、社民共産の現実味のないマニフェストじゃ支持拡大は無理。結局消去法で自民しか残らなかった、ってのが大多数の意見だろうよ。実際うちのまわりでも多いもん。「自民党は好きじゃないけど自民党以外選ぶ余地がみつからない」って奴。
消去法ですら選んで貰えなかったっていうのがどんだけ情けないか、いいかんげん野党は気付けよって思うんだけどね。そういう、「俺たちは間違ってない! わからない国民は愚民!」っていう姿勢が選ばれない要因であることにさ。
posted by NORIKO at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

今日はYahooニュースで拾ってきたネタばかりでお送りします

そういえばマンガ嫌韓流、今日宮脇書店に行ってみたら新刊書コーナーの一番手前(一番売れ筋を置くところ)に平積みしてました。やっと普通に出回るようになったんだな~

<朝日新聞>新党結成巡る記事をねつ造、記者を懲戒解雇
 朝日新聞社は29日、田中康夫・長野県知事らの新党結成問題について、取材をしていないのに、取材できたかのような情報をもとに記事を掲載したとして、長野総局の記者(28)を懲戒解雇、木村伊量東京本社編集局長を更迭するなどの処分をしたと発表した。
 記事は21日付朝刊2面に掲載された新党結成をめぐる「『第2新党』が浮上」と22日付朝刊3面に掲載された「追跡 政界流動」の2本。
続きを読む
posted by NORIKO at 23:51| Comment(0) | TrackBack(2) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

拉致被害者家族会及び座り込みに参加されたみなさん、お疲れ様でした

北海道からいらしたお爺さまもおられたそうで、「香川は遠いから行けないなぁ……」なんて考えて向かわなかった自分が少し恥ずかしくなりました。行けばよかった……眞悟たんは相変わらずGJです。あの人はほんとうにすごい。民主党の若い人たちには眞悟たんと同じような考えの人が結構いらっしゃるようですので、彼らをまとめて派閥でも作って欲しいなぁ……とちょっと思ったんですが、派閥化すると利権が発生してまたややこしいことになるので、このままでもいいか……眞悟たんはよくもわるくも目立つ人になってきたので、彼が存在する限り、民主党にもまだ救いはあるのかと思えます。とりあえず岡田を内側からどうにかしてほしいよ。
続きを読む
posted by NORIKO at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | この国のアレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。